『何がしたいかではなく何に向いているのか 〜絵になるチームの作り方〜』

『何がしたいかではなく何に向いているのか 〜絵になるチームの作り方〜』

2019.11.05
思うこと

  射幸心を煽るような「好きな事を仕事に。。」なんて言葉が嫌いです。

 

自分自身が好きな事を仕事に出来たわけではないので半分はひがみですが

半分は実体験から生まれたリアルな根拠に基づいての意見です。

 

 

 

僕は好きな事を仕事に出来なかった。

 

しかし、現在の仕事が大好きです。

 

型屋の社長になりたくてこの業界を選んだわけでもなく

流れ流れてたどり着いた世界で自分なりに一生懸命やっていたら

仲間が集まり、ものづくりが好きになり、経営が大好きになっていました。

 

 

たぶん、僕は経営者に向いています。

 

傲慢な言い方かもしれませんが

向こう傷は問わないやり方で、毎年数字を上げ続け財務体質も健全です。

もっと言えば、僕ぐらい会社の仲間を愛している社長を見た事がありません。

 

 

好きな事を仕事に出来れば良かったのかもしれないけど

向いてる事を仕事に出来た事で

辛い時もありますが、毎日を充実して生きています。

 

 

自分の適正を理解する事は人生を豊かにするのと同じです。

 

 

 

巨大な企業に成長させる器も

誰もがうらやむ組織にする裁量も僕にはありませんでした。

 

 

ただ、ノダはお互いに刺激し合い成長する事が出来る最高の集団になりました。

 

 

 

傷だらけで欠けている部分の多い

 

愛すべき ”絵になるチーム” です。

 

 

 

  • 一覧へ戻る
メールでのお問い合わせ お問い合わせはこちら
野田隆昌が語るのカテゴリ
ノダのことが解るイメージムービー
高機能フィルム展
~ アジアグルメ紀行 ~
採用情報
facebook
精度・耐久性・切れ味すべてにおいて最高レベルのクロムダイ
製造事例
グローバル生産体制
選ばれる理由
ノダのチャレンジスピリット
木型によくあるクレーム。ノダならこう解決します!
抜き型・木型のご相談・お悩みをお聞かせください。
あなたの木型ができるまで
野田隆昌が語る
ビク型・抜き型用語集