紙器づくりのための木型・抜き型を製造します

製品の使用用途を考慮した抜き型で、製品の品質を向上させます

「抜きで生成した製品が組み立てにくい」
といった悩みをお持ちではありませんか?
それは抜き型を製造する際、抜きをおこなったあとに生成される箱に何を入れるかまで考慮されずに設計しているためです。

私たちノダでは、お客様が抜きで生成された紙の箱に何が入るのかを把握し、細かく理解したうえで、抜き型の作成を行います。
その結果、抜きを使用した製品の質が悪いといったことも無くなり、一つ一つの品質を高めることができます。

対応可能な紙の特徴

対応可能なゴム材質の特徴

素材の種類

紙、印刷箱・貼り箱・クリアケース・段ボール箱・プラスチック段ボール

素材の厚み

~20t

木型を使用して製造可能な主な製造物

食品、化粧品、スポーツ用品、文具、雑貨、電気製品、ギフト商品、工業用パッケージ

抜き型で生産された製品の使用用途を重視した設計

強く意識するポイントは「外観」、「組み立て易さ」、「商品の入れ易さ」の3つです。

箱に入れる商品や、その方法を細かく知ることは必須事項であり、打ち抜き加工やアッセンブリといった後加工での作業効率にも気を配るなど、お客様の工程に適合させた設計を行っております。
そのため、お客様がご利用しやすいように抜き型を設計することができ、抜き後の製品の品質を向上させることができます。
また、ステ刃位置やノッジ(ニック)位置は必ず把握することで、木型の製造作業を円滑に進めております。

納品後も安心のアフターサービス内容

お客様に実際に抜き型を使用した際のイメージを持っていただくため、木工作成前のパッケージのサンプルカットもお受けいたしております。

メールでのお問い合わせ お問い合わせはこちら
  • ノダの木型・抜き型の特徴
  • 業種別の木型・ビク型の設計について
材質別の木型・抜き型の特徴
facebook
精度・耐久性・切れ味すべてにおいて最高レベルのクロムダイ
製造事例
グローバル生産体制
選ばれる理由
ノダのチャレンジスピリット
木型によくあるクレーム。ノダならこう解決します!
抜き型・木型のご相談・お悩みをお聞かせください。
あなたの木型ができるまで
野田隆昌が語る
5分で分かるノダのメリットを動画でご紹介します
ISO9001