クロムダイ

ノダ独自の腐食刃「クロムダイ」とは

ノダ独自の腐食刃「クロムダイ」とは
ノダ独自の腐食刃「クロムダイ」とは

薄い金属板をエッチング(腐食)させ 機械制御で切削し、刃立てした刃物です。機械制御による製造でトムソン型よりも寸法精度/高さ精度に優れています。金型並みの精度と、トムソン刃の高い耐久性と切れ味があるため、刃倒れや耐久性のお悩みを一切抱えることなく、高品質な製品を生産していただくことができます。

今までに類を見ないシャープさを持ったクロムダイ

クロムダイは、今までに類を見ないシャープな切れ味と刃先の角度を誇り、あらゆる材質に威力を発揮いたします。

刃先角度: 標準50度・鋭角40度(要相談で 超鋭角30度 も可能)
刃付け深度 : 0.1~1.3

加工される材質・厚みに応じた仕様でバリエーション豊富にご用意しております。またハーフカットなどのコンビネーションは無段階となります。最厚で総厚2.5mmまで対応可能になりました。

耐久性も抜群

同種の刃物の中でもっとも耐久性の高い硬質仕上げになっており刃倒れでお悩みのお客様には最適です。

材質: ステンレス鋼(焼入加工済)
材質硬度 : HS(ショア)65度
       刃HRC(ロックウェル硬度)48度

良質の鋼を使用していので、トムソン型並みの耐久性を兼ね備えており、硬質の材料も加工可能です。ショット数も従来の薄刃に比べると比較的にアップしています。

クロムダイ表
※クリックすると拡大してご覧いただけます。

このようなお悩み、ノダの腐食刃「クロムダイ」が解決します

フィルムやテープ、紙、その他の薄物を抜くときに…

・形状が細かすぎて最適なトムソン型を製作することができない
・寸法公差が非常にシビアで何度もトムソン型を作り直したことがある
・多丁付のシート製品(ハーフカット)の高さバラツキ調整に取られる時間が深刻…
・材料のセパレーターが薄くハーフカットの調整が大変だ
・型の継ぎ目による切れ不良、微妙な抜け残りが原因で全検査に時間を取られる

クロムダイなら、これらの課題を解決!

クロムダイなら、これらの課題を解決!

・今まで対応出来なかった製品加工も対応可能になる
・トムソン型で実現出来なかった寸法公差に対応可能
・機械制御による精密な高さ精度
・高さ調整等 加工前の準備時間短縮
・継ぎ目が無いのでケバ立ち、抜け不良の改善
・全てでは無いが 継ぎ目が無い事による耐久性の改善

クロムダイの使い方は簡単!導入していただくとストレス無くご利用できます

クロムダイの使用方法 Step01

従来のトムソン型と同じ設備で使用可能です。

クロムダイの使用方法 Step02

刃の設置は専用ベース板にテープやマグネットで固定可能です。

クロムダイの使用方法 Step03

クロムダイはトムソン型よりも薄いのですが、専用ベースでトムソン型とほぼ同等の高さ設定で加工ができます。

※また、アルミベースの高さを調整し刃高を従来のトムソンと同じ23.6Hに合わせることも可能です。

クロムダイをご利用いただいた実例

クロムダイの力で1日かかっていた作業時間が2時間に短縮!

自動車部品製造用のハーフカット用木型(トムソン型)
材質
スポンジ
業界
自動車分野

依頼内容

ウレタンスポンジと粘着付を抜く必要があるが、φ2の小さな径を抜く際に、抜きカスが小さいことと粘着も強いこともあり刃の内側にカスが詰まってしまう。そのためカスを掃除しながら作業しているため効率が悪い。何かいい方法はないか?

詳細

クロムダイの材質や保証精度について

鋼材:HRC44~50の焼入ステンレス材
保証寸法精度:±0.05
保証高さ精度:±0.005
納期:当日~中3日
その他:貫通穴はΦ1より可能
クロムベースの保証精度は±0.05~±0.1(材質による)

クロムダイをご利用いただく際の注意点

・製作限度範囲があります。詳しくはご質問ください。
・条件によって反りが発生いたします。
・部分修理、刃替え対応が不可能です。
・トムソン刃よりもコストが高くなります。しかしそのメリットも大きくあります。
・仮死点が違うので注意が必要です。
・エッチング刃の使用実績が無い場合は事前にテストが必要です。もちろん全力でサポートいたします。
・トムソン型のような跳ね出しは付きません。
・納期はご注文より2~3日必要でございます。

メールでのお問い合わせ お問い合わせはこちら
IPF
採用情報
facebook
精度・耐久性・切れ味すべてにおいて最高レベルのクロムダイ
製造事例
グローバル生産体制
選ばれる理由
ノダのチャレンジスピリット
木型によくあるクレーム。ノダならこう解決します!
抜き型・木型のご相談・お悩みをお聞かせください。
あなたの木型ができるまで
野田隆昌が語る
ISO9001