『専務との車中はいつも昔話』

『専務との車中はいつも昔話』

2017.04.03
思うこと
 この文章は滞在中のバンコクにて書き下ろしたものです。
 
 
タイ・ベトナム・フィリピンの仲間が1年の研修期間を終え各国のノダへと戻っていきました。
 
 
 
この1年間、文化も言語も違う日本で本当に良く頑張ってくれました。
 
 
 
僕も彼らと同時にタイを訪問したのですが
 
日本で揉まれた彼らの働く姿は自信がみなぎり輝いていました。
 
 
 
何より楽しそうに仕事をしている。
 
 
それは報告を受けたフィリピン・ベトナムでも同じです。
 
 
 
 
この海外研修制度を利用し7年目になります。
 
 
 
毎回、問題が起き笑いがあり涙があり感動がある。
 
彼らと共に組織が拡大し強くなっていってるのがわかります。
 
 
 
海外のノダスタッフが仕事に誇りを持ち頑張っている姿を見ると
 
今でも大阪の片隅の小さな場所で
 
日々をとにかくこなすだけだった15年前を思い出すのです。
 
 
 
「仲間を大事にし続けているから現在のノダがある。
 
・・・あの時はどうだったこうだった。・・・・」
 
 
 
専務とバンコクへ向かう車中はいつも決まって昔話です。
 
 
 
笑いながら昔の話で盛り上がるのは
 
やってる事に間違いがないと確信しているからです。
 
 
 
 
10年後も前向きな昔話が出来るように
 
 今、挑戦し続けようと感じた旅になりました。
 
 
 
 
 
 
  • 一覧へ戻る
メールでのお問い合わせ お問い合わせはこちら
野田隆昌が語るのカテゴリ
採用情報
facebook
精度・耐久性・切れ味すべてにおいて最高レベルのクロムダイ
製造事例
グローバル生産体制
選ばれる理由
ノダのチャレンジスピリット
木型によくあるクレーム。ノダならこう解決します!
抜き型・木型のご相談・お悩みをお聞かせください。
あなたの木型ができるまで
野田隆昌が語る
ISO9001